ファンケルえんきん 肝機能障害

ファンケルのえんきんで肝機能障害?噂の真相とは?

ファンケルえんきん 肝機能障害

ファンケルのえんきんは、日本初の目の機能性表示食品として認められたサプリメントです。

 

ファンケルの臨床実験でも4週間で目のピント機能が改善目の疲労による肩こり、頭痛の改善といった、頼もしい目のサプリです。
>>臨床試験の結果はこちら

 

そんなファンケルのえんきんですが、じつは、えんきんを飲むと肝機能障害があるという一部の噂もあるみたいですね?

 

こちらでは、ファンケルのえんきんを飲むと本当に肝機能障害を起こしやすいのか?真相を確かめてみました。

 

ファンケルのえんきんは肝機能障害を起こすのか?

 

ファンケルえんきん 肝機能障害

 

じつは、えんきんで肝機能障害という噂になったのは、2016年9月にファンケルのえんきんを摂取して「薬物性肝炎」を発症した事例がありました。

 

えんきんが気になっている方は知っているかもしれません。

 

内容は、えんきんを摂取した消費者が、「薬物性肝炎」と診断され、入院したことがきっかけでした。

 

ファンケルえんきん 肝機能障害

ファンケルでは、本当にえんきんが原因なのか調べました。

 

調査結果で分かったことは、当該消費者は、えんきんを摂取した過去2年間に、医薬品12種類の服用歴があり、そのうち、2種類の医薬品とえんきんを併用していたことが分かりました。

 

さらに、えんきんに含まれている全成分を調査した結果、含有量、製造過程などに問題なく、学術調査によっても、えんきんに含まれる成分が肝機能に影響する可能性がないことが確認されました。

 

ファンケルえんきん 肝機能障害

薬剤性肝炎の専門家である、久留米大学医学部医学教育研究センター長・神代龍吉教授らに評価を依頼した結果、「肝機能障害と本製品(えんきん)服用の間に因果関係ありと断定することはできない」と判断されたということが明らかになったことから、えんきんで肝機能障害になる事はないという事が断定しました。

 

引用:健康産業新聞 

 

ファンケルのえんきんは肝機能障害を起こすのか?まとめ

 

ファンケルえんきん 肝機能障害

今回の件で、ファンケルのえんきんが原因で肝機能障害が発症したわけでなく、既存の薬物が原因という事が判明しました。

 

ですので、えんきんが原因で、肝機能障害が起きる心配はありません

 

ネットではちょっとしたネガティブな発信が大げさなネタとして取り上げられます。

 

そのため、内容をよく知らず、間違った情報を発信し、閲覧者はその情報を鵜呑みにしてしまった事が拡散した原因です。

 

ファンケルのえんきんは、2015年4月17日に消費者庁が初めて公開した機能性表示食品の一つです。

 

累計販売も1,000万個以上と、既存の愛飲者も約130万人以上いるとも言われています。

 

もし、えんきんを飲んで肝機能障害を発症するともなれば、とっくにえんきんが販売停止どころか、会社の信用もなくなりますよね?

 

えんきんは4週間で目のピント機能改善、目の疲れによる肩こり、頭痛の緩和が報告されています。

 

実際にアラフォーである、私も愛飲していますが、本当に実感しているので是非飲んで頂きたいです。

 

ファンケルえんきん 肝機能障害

薬に頼らず、健康的に目のピント機能や老眼対策を考えている方にはピッタリのサプリメントです。

 

>>ファンケルえんきんを4週間飲んだレビュー記事はこちら

page top