ファンケルえんきん ルテイン

ファンケル えんきんの注目成分!「ルテイン」に新たな機能が追加?

ファンケルえんきん ルテイン

日本初、目の機能性表示食品として国に認められた「ファンケルのえんきん」

 

じつは、2018年の10月18日にえんきんに配合している成分である「ルテイン」の研究レビューを実施した結果、ルテインの新たな機能が確認されました。
>>詳細内容はこちらの記事

 

こちらでは、えんきんの成分の一部である「ルテイン」の機能についてまとめた記事内容となっています。

 

この記事を読むことで、ファンケルえんきんの具体的な機能を知ることができます。

 

えんきんの成分「ルテイン」の新たな機能とは?

 

ファンケルえんきん ルテイン

 

2018年10月18日以前までのえんきんの機能としては、「手元のピント調節機能を助ける」、「目の使用による一時的な肩、首筋への負担を和らげる」でしたが、ルテインの研究が新たに実施されたことで、ルテインの新たな機能が2つ確認されました。

 

1、光の刺激から目を守るとされる「黄斑部」の色素を増やす

 

2、コントラスト感度が改善(ぼやけの緩和によってはっきり見る力を助ける)

 

上記の2点の機能が確認されました。

 

本来のルテインってどんな効果が期待できる?

 

ファンケルえんきん ルテイン

 

えんきんの成分の記事でも解説していますが、ルテインは加齢とともに減少する成分となります。

 

体内のルテインが低下しますと、手元のピント機能が合わなくなったり、目がぼやけやすくなったり、ちょっとした光(紫外線、ブルーライト)の刺激を敏感に感じやすくなり、目が疲れやすくなるのが特徴です。

 

ファンケルえんきん ルテイン

 

とくに40歳以降がこれらの目の症状を感じやすく、原因としては、加齢 による体内のルテインが減少している事が挙げられます。

 

ルテインは体内で作られない栄養素ですので、目の衰えを感じ始めたら、積極的に摂取したい栄養素となります。

 

ルテインの1日の摂取量の目安は?

 

ファンケルえんきん ルテイン

 

ルテインの効果を発揮させるためには、1日の摂取目安が6rと言われていますが、より実感するには10r以上のルテインを日々摂取するのが望ましいとされています。

 

ルテインはサプリ以外でも食品からでも摂取できますが、とくにルテインが豊富に含まれていると言われる「ホウレンソウ」でも10rのルテインを摂取するには、ホウレンソウ約4束分摂取しなくてはならないと言われています。

 

さらに、ルテインは脂溶性ですので、お湯に浸してしまうと、ルテインが流れ出るので、油で炒めて摂取するのがオススメです。

 

ただ、毎回油でいためて摂取してルテインは摂取できるかもしれませんが、カロリー過多になってしまいます。

 

そのバランスを考えても、効率よくルテインを摂取するには、えんきんを活用することが良いですね。

 

ファンケル えんきんの注目成分!「ルテイン」のまとめ

 

ルテインは加齢とともに減少してしまう成分です。

 

体内のルテインが減少してしまうと、加齢性黄斑変性、白内障、緑内障のリスクが高まります。

 

 

ファンケルのえんきんでは、「ルテイン」を10r摂取できる他、シアニジン−3‐グルコシド(アントシアニン)、DHA、アスタキサンチン
、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCをまとめて摂取できるのが特徴となります。


 

ファンケルえんきん ルテイン

 

ファンケルのえんきんは1,000円で4週間のえんきんを試すことができます。

 

この機会に、えんきんを始めてみませんか?

 

私もお試し4週間で実感し、現在は定期便で飲むようになってから、より目のぼやけが解消され、目の疲れも軽減しています。

 

夜の車の運転もまったく目が疲れないようになりました。

 

眼精疲労はストレスにも関わってくるので、早めの対策を行いましょう!

page top